RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

11
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
--
>>
<<
--

加根よしきの議員ブログ!

加根佳基の議員活動をつづった日誌
<< 第2回定例会が始まりました。 | main | 平成27年第3回定例会が終了しました。 >>
議員力アップをめざして!!
0
    皆さんお早うございます。いつもお世話になります。暑い日が続きますが、体調管理に注意しながら熱中症にならないようしっかり水分を取ってください!!
    さて、この7月文教厚生委員会で委員会視察を行いました。内容は、芸術文化施設について、生活困窮者支援について、小中一貫校についての研修でした。大変に参考になりましたので紹介いたします。

    201576日〜8日文教厚生委員会視察研修

    1、芸術文化施設について

    芸術文化の施設として地域に貢献様々な方が様々なジャンルを!

    創造的・みんなで共有・そして対話的にこの3つを活動のコンセプトとして市民に提供されている。

    本市においてもこの様な施設を参考にしてより良い美術館を建設して行かなければと思います。

     

    2、生活困窮者自立支援について、

    モデル事業としてH25からスタートし試行錯誤を繰り返し平成27年にはすでに効果と課題を具体的に分析するまでにいたっています。

    特に関心を抱いたのは、就労準備支援事業で委託先の様々なメニューを活用されて、困窮者の特性に合わせてプログラムを作成し取り組まれています。

    中でも、引きこもりがちだった方の自立に向けた支援が実績として上がっています。本市においてもこの様な取り組みを進めていく必要があると思います。

    ️(アセスメントによって把握された課題)…病気・ケガ・障害・住まい不安定社会的独立・等…26項目まであります。

     

    3、小中一貫教育について

    姫路市で進める小中一貫教育の取り組みの構想の中で、9年間を見通した一貫した指導…学力の向上・人間関係力の育成・を図るとありました。これには、教育の質の向上を図る一つの手段であり義務教育活動の核となる枠組みとして、全てのプログラムをと互いに密接に関連させた取り組みであり、地域環境の中の人・もの・ことを結びつけながらトータル的に取り組まれています。…(保護者・地域特有の環境・伝統行事)など…真剣な取り組みが見えました。

    今の成果効果が全てではなく、常にその変化に応じて検証をしていく必要があると思います。

    本市においても、一貫校を目指す中で参考にして行きたいと思いました。

    私自身この研修を含めこれからもしっかりと研鑽し皆様のために議員力アップにつなげていきたいと思います。
    さらに全力で働いてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

     

    | 活動日誌 | 09:10 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://action.ka-net.info/trackback/1089611