RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

加根よしきの議員ブログ!

加根佳基の議員活動をつづった日誌
<< H28年度予算の審議が始まりました。 | main | 10月研修を終えて >>
全国議長会フォーラム議員研修を終えて、
0

    みなさん今晩は、いつもお世話になります。本当に久しぶりとなりました。どうもすみません!!

    10月終わりからだいぶん寒くなってきてますが、健康管理には気をつけてまいりましょう。

    先日でありますが、2日間静岡に出張してまいりました。これは、全国議長会研修会であります。大変参考になりましたので、

    内容を若干でありますが、ご報告させていただきます。

     

    10月19日基調講演(大森わたる、東京大学名誉教授)

    二元代表制と議会の監視機能について

    執行部の監視より自分たちの監視を!!かなり厳しいコメントから始まりました。

    二元代表制は憲法要請であるから議員が必要である。

    議員の取り組みは与野党を意識しない方が良い!!

    議員活動と議会活動とは違うものである。

    首長優位の制度!!首長が議会に優位しているのは、予算編成権と議案提出権を有し、議会における議案審議に参加できほとんどの職員を部下にしてつかうことができるなど執行権優位の制度となっている。議会は議決機関とされ予算案・決算案をはじめ、首長提案の議案を審議し、議会として意志を決める。この点では議会にも大きな権限が与えられている。議会が首長提案の追認機関化してしまったら両者の関係は平穏に見えてその実は議会のチェック機能が働いていないことになる。議会はしっかり吟味しなければならない!!

    大事なのは立案過程で十分市民の声を吸収したか、不適切な経費をかけていないか、住民に新たな負担や不便をかけ困難を生み出さないかなどを、議会審議をかけて明らかにしないといけない。・・・・・とても重要なことであると思います。

    チーム議会の実現について、議会がくっきりと存在理由を示すにはチーム議会の実現が必要です。!!集合体としてまとまった意志を形成しにくい!!意見や議論を一つに集約することです。つまり議員間の討論とその集約こそが議会たるものの本質である。・・まったくそのとうりだと思います。

    基調講演はとても参考になり今後の議会活動議員活動に活かしてまいりたいと新たに決意いたしました。

    20日パネルディスカッション(斉藤誠氏・土山希美枝氏・佐々木信夫氏)

    質問力で高める議員力議会力・・・議員としての質の向上を図っていかなければととても反省いたします。現状分析を確実に行いそして次に来るのが政策提示となる。

    計画・財政・総計=事業計画である。事務事業評価をどう考えるか大切である。

    さらに総合計画にかかわっていくことは極めて重要である。

    問題課題をしっかりと見極める力を付けなければと深く感じました。

    以上のような内容でありました。

    今後この研修を活かしながら皆様のお役に立てる様、全力で働いてまいります。

    どうぞよろしくお願いいたします。

    | 活動日誌 | 18:40 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://action.ka-net.info/trackback/1089617