RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
RECENT TRACKBACK
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

05
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--

加根よしきの議員ブログ!

加根佳基の議員活動をつづった日誌
<< 10月研修を終えて | main | 今年一年本当にありがとうございました。 >>
広報広聴委員会研修を終わって
0

    皆さんお早うございます。朝夕と寒くなってきていますが、体調の管理に気を付けてまいりましょう。

    先週ですが、広報広聴委員会において行政視察研修を行いました。

    参考になりましたので、内容をご報告いたします。

     

    【古賀市行政視察】

    議会改革の取り組みとその歩みと今後の課題について説明を受けました。

    改革の模索を行い次に改革を実現することに傾注した事。インターネットについては、1年かけて推進した事。議員全員が有益であるとの判断し積極的にSNSを展開されている事。等々・・・

    現在具体的な取り組みとして議会トピックスなど更には他の工夫も行っているとの事でした。

    政務活動費についても公表し明記している。(公開3点セットで提出している。)この点については、本市では明記していないので今後検討をする必要があると思います。議場には最新のモニター70inch・デジタルカメラを設置しており議員は勿論のこと傍聴者への配慮にもつながっている。基本条例については2年間掛けて取り組みを重ねた事。合意形成する間で大変であった事。条例施行準備期間を設けています。その中で議論を交わし最後には可決している。それぞれの議員が一丸となって取り組んでいる姿が覗えました。条例でその活動の根拠を示していくことが大切であります。議会報告会の案内は手作りで市民からは好評である。手作りの案内チラシは実にユニークで市民が行ってみたくなる様な感じの内容であった。本市もこれを参考に検討していきたいと思います。

    カフェ方式3グループに分かれ、各委員会が順番に回ります。テーマを定めて行っている。2つの常任員会に絞って行っています。…例えば防災についてなどです。緩やかな部分を持って行う。割と自由に語っています。

    アクセス数が素晴らしい。・・・トピックスなどでPRしたことも要因である。

    テーマは議員全体で検討をしている。・・一丸となっている。議会だよりは議会の改革の鏡です。・・・素晴らしい考えの下で進めていることを感じまた。政策について提言を行うにあたりしっかりとして議論や様々な方のアドバイスを受けて行っています。議員提案による条例の経験実績あり。

    市民モニター制度などで分析する必要性を感じた。

    【大分市視察】

    若年層との意見交換の開催状況について説明を受けました。

    テーマを設けずにフリーで行っています。しかしながら27年度は18歳選挙権ということから選挙権についてのテーマで行った事。その対象は、高校・大学・専門学校などです。

    参加議員については、出席希望議員が参加している。意見交換後のアンケートを集約しそれを分析されています。

    大変積極的な良い意見が出ている。具体的なものにするのはこれからとの事でした。次のステップとして必ずフィードバックしていくことが大事になってくると思いました。

    まずは雰囲気作りから始め素朴な意見が多く完結型で答えています。

    時間は1時間30分です。

    意見交換会などの取り組みで選挙投票率は変わりましたか?の問いでは、残念ながら分析はしていないとの事でしたが。今後分析する必要性を感じました。

    当初は大分と福岡を比較した質問が多かったが最近は地元のことでの質問が多くなってきている。逆に若い方たちの意見が非常に参考になっている。このことについては非常に将来が明るく若い人たちへの期待が膨らんでいく思いをいたしました。本市も積極的に若年層への意見交換会を開始すべきと思いました。

    今年も様々な研修に参加させていただき、大変参考になっています。今後においてこれまでの研修の成果を本市で発揮できればと思います。全力で皆様のため取り組んでまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。

    | 活動日誌 | 09:24 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |









    http://action.ka-net.info/trackback/1089619